仮性包茎 メリット

MENU

本当に気になるのは・・・

冒頭のページでも書いてありますが、
今一度問いかけてほしいことは
「本当に気になっているのは仮性包茎であることなのか?」
ということです。

 

なぜ完全に剥けている状態を目指すのか?
その原因のひとつは、AVなどで広められたイメージです。

 

さらにその元にあるのは外国人のアソコです。
事実、平均的なサイズで言えば外国人の方が大きく、
仮性包茎の割合も日本人の方が多いです。

 

そのせいで、「満足なセックスをできるのはああいう竿を持った奴なんだ」
と刷り込まれている可能性があるんです。
それで理想形は完全に剥けている状態だ、と。

 

 

ところが、仮性包茎も考えようによっては便利な状態なんです。

 

タートルヘッドが常に出ている状態が続くと、
服が擦れたりする刺激には慣れてきます。

 

ですが、皮自体が厚くなることはないので、
タートルヘッドがデリケートな部位には変わりないのです。

 

仮性包茎だと、平常時にはそのデリケートな部分を守ることができて
必要な時にだけ出すことができます。
大きくなったときに剥けていればいいんです。

 

そう考えるととても合理的な作りですし、
実際「仮性包茎でセックスに困った」という話もあまり聞きません。

 

もし気持ちよさを感じにくいのであれば、
日頃のオナニーで強くしすぎていないかを疑った方がいいかもしれません。

 

それよりも、完全に剥けていようが仮性包茎だろうが
短小であることの方が精神的ダメージはでかいと思います。

 

いざってときにしっかり大きくなる元気なアソコの方が
女性にも満足してもらえます。

 

「自分が気にしているのは、実は大きさかもしれない。」
そう思うのであれば、ペニトリンなどでアソコの増大を狙う方針をおススメします。