MENU

医学的には問題ないけど

仮性包茎っていけないのか?…判断に悩むところです。

 

真性包茎なら衛生的でない&感染症の危険性がある
カントン包茎なら本番のとき締め付けられて痛い、
という問題があるので治すべきと即答できますが、
ではそのようなデメリットがない仮性の場合はどうなのか?

 

結論から言うと医学的には全く問題ありません
風呂に入った時に剥いて洗えばいいし、子作りにも支障はないです。

 

そもそも日本人の半数以上は仮性包茎だと言われています。
外国人(ヨーロッパなど)の場合更にその比率は上がるそうです。
なのに何故手術をしたがる人がいるのか?…主な理由は2つあります。

 

■同性への劣等感&女性に嫌がられる(という思い込み)を払拭するため
■早漏の克服のため

 

 

別に女性は仮性包茎が嫌いだとは限りませんし、
友人が仮性包茎だから馬鹿にするなんて男友達もまずいないし
どちらかと言えば本人が勝手にコンプレックスを感じている事も多いんですが…

 

「包茎=恥ずかしい」と思い込んでしまった人だと
自分に自信がなくて、いざという時勃起できないんです。
だから、そういう人がそれを克服するには仮性包茎を直すしか無い。

 

ということで結論→治したいなら治しましょう

 

ただ本当に仮性包茎が問題なのかをもう一度考えるべきです。

 

性行為に満足感や自信がないのは仮性包茎のせいではなく、
体力の低下やストレス、日常抱えている心配事等のせいかもしれません。
そういう人には、実は精力剤の方が効果的な可能性もあるのです。

 

また大きくなれば自然にむけることもありますし
息子が成長できることで自信が付く人もいるようですので、
増大サプリや手術を考えてみるのもひとつの手です。

サプリを使う

ではどんなサプリが効果的なのか。

 

サプリを飲むことの狙いは大きく分けて
精力を増強させること
・息子を増大させること
の二つがあります。

 

後者の狙いでは、サイズが大きくなることで
自然と皮が剥けて仮性包茎が治ることがあります。
(亀頭を大きくして、皮が戻らないようにする)

 

なので息子のサイズが小さいと感じている人には一石二鳥になります。
見た目のインパクトも自信も増え、
正直包茎かなんてどうでも良くなりますよw

 

 

そんな飲むだけで大きくなる夢のような増大サプリ
・・・ですが、怖いのは副作用や麻薬的成分
息子が大きくなっても体に負担をかけたり
飲むのをやめたら元通りでは意味が無いです。

 

なので国内産or成分明記で
信頼出来る企業が販売している、
(できたら成分量まで明記されているもの)
この条件をみたすもののみを試そうと思いました。

 

加えて増大には数か月かかるのを考えて
最初にまとめ買いするとかなりお得になる
コスパに優れたサプリに絞りました。

 

その条件を満たしていたのが増大系では
ペニトリンゼファルリンでした。

 

 

 

○ペニトリン

 

ペニトリンに含まれる成分の種類は限定されています。
その代わり配合量が凄い。
良い物だけを置いた専門店、って感じですね。
海外製のサプリらしさがあります。

 

 

シトルリンが8,400mg/月
アルギニンが15,600mg/月
摂取できるとなると間違いなくぶっちぎりトップの配合量です。

 

大量のシトルリンやアルギニンで血管広げて
そこに亜鉛やカルシウム、その他成長成分を
一気に流し込もうという作戦のようです。

 

海外製であるためはじめは少々不安でしたが、
世界的に評価が高いサプリであり、
成分量まで明記されているので
信頼性という面でも一歩リードしていました。

 

 

コスパの方も3本買うと、割引+1本無料でプレゼントしてくれて
1カ月約6,000円という破格の値段で購入できました。
あれこれ成分を詰め込んでいないことが、このコスパを実現しています。

 

私はこのペニトリンのおかげで
サイズ測定はしていないものの
明らかに太さと亀頭が増大。

 

結果皮が戻らなくなって大満足です。

 

 

 

 

○ゼファルリン

 

ゼファルリンは入れ替わり激しい増大サプリ商品で
怪しい煽り系ページでもないのに売れ続けている
ロングセラー商品というところにも魅力を感じます。

 

派手さは大して感じないものの、
配合されている成分の種類が多いので
まんべんなく体質改善するのかな、という感じ。

 

 

特徴的なのがメインの成分にシトルリンとトリプトファンを据えていること。
この組み合わせで打ち出しているのはゼファルリンだけです。

 

シトルリンは血行促進し、
息子へ大量の血液を送りこんで直接的に元気にしますが
トリプトファンはそのサポートをするような役割があります。

 

私も経験があるのですが、緊張しているときだと
息子は驚くほど勃起してくれません。
トリプトファンは緊張をときほぐし、
リラックスした状態にして自然な勃起を促します。

 

さらに前述のとおり、トリプトファンだけでなく
古くから滋養強壮効果がある成分をふんだんに使っていて
行為に及ぶ前の体調も整えてくれます。
(もちろん、普段の生活習慣の見直しも大切です。)

 

ですので、「増大だけではなく行為そのものに自信を持ちたい!」
という方であればゼファルリンはまさにぴったりなのです。

 

総合的なサポートを目的としているため、
成分の種類も多くペニトリンよりは高くなりますが
ゼファルリンは国内産ですし、
ロングセラーのサプリなので安心感はピカイチです。

 

私が試した経緯(要約)

仮性包茎を直したい場合、方法は主に3つあります。
矯正グッズ使用 or 増大サプリ使用 or クリニックで手術」です。
→に行くほど即効性がある反面、費用も高くなります。

 

一口に仮性包茎と言っても程度の差がありますから、
万人にベストといえる方法はないかもしれませんが、
参考までに私が試した経過を書いておきます。
それぞれの詳細については個別の記事で詳しく書いていきます。

 

 

 

矯正グッズを試すもあまり効果がない。
(息子がある程度大きくないと扱いづらい。)

不安になってクリニックに電話相談(この時はABC)
特に手術の必要はないと言われ安心する。
相談してみてコンプレックスの原因が包茎でなく大きさにあるとわかる

増大手術は高額なので、サプリで何とかしようと
ペニトリンを飲用し半年後に効果。
息子が大きくなってきたので自然と皮はむけやすくなり、
先端の大きさが増すにつれ、戻りづらくなった。

 

 

こんな感じです。
あくまで自分の場合ですが、大きさ自体が小さかったので
増大サプリの効果が出たら皮が自然に伸びたのだと思います。
ペニトリン以外にやったのは、せいぜい剥き癖をつける程度でしたから。

 

なお・・・この後実はABCクリニックで手術を受けています。理由は後ほど…
(ただ、手術する前に仮性包茎自体は治っていました。)

 

ABCクリニックははじめの電話で親身になってくれたのが印象に残り、
またオプション付けなければ本当に3万円代で手術ができてしまう安さも魅力でした。

 

大手ですからさすがに安いからといっても施術の腕は良く、
とにかく早く綺麗に治したい人にはABCがベストだと感じました。

 

包茎

更新履歴